ホーム 会社概要 業務案内 アクセス お問合せ サイトマップ
 Land art Zoen Planning
 
お庭の管理 芝生の管理 お庭ギャラリー お庭の番人たち セミナー開催 お庭番のBLOG お庭の相談
01月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728≫03月

スポンサーサイト

--/--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- スポンサー広告

田沢湖『かたくりの花』

2010/03/08
「かたくりの花」さんには、内風呂の工事の際、露天風呂増設の際と、
二度にわたりお世話になりました。

徹底した社員教育がしっかりといきとどき、満足のゆくサービスが提供できることを、
当社も確信いたしております。 どうぞご利用ください。

下の画像は、かたくりの花 HPより 抜粋

カタクリの花

男湯の、僧都 別名(鹿おどし)が心地よい音を響かせております。
僧都とは、先人が考えたもので、  
竹でつくられ、竹の節と節の間を斜めに切って、そこに沢水などを利用して水をため、
いっぱいになった水がこぼれる反動を利用して、下においてある石に打ちつけ、音をださせます。
その音で獣(けもの)鹿やいのししを追い払うために使用した道具のことをいいます。
山あいの集落で、農作物守る知恵のひとつでした。

現在では、水音とリズミカルな動作があるために、お庭の添景物として利用されています。

女湯は和風のお庭となっております。
板塀の裏は田沢湖湖畔です。湖畔から吹く風がお庭の木々に、
いっそうの清々しさをあたえてくれます。

かたくりの花

上部の画像を参照

男湯の脱衣所から見た風景です。囲いはしておりますが、山中の雰囲気を出しております。
植栽樹木はすべて、山取りの自然木で、ハウチワカエデ、ブナ、ヤマツツジ、ヤマモミジなど、
下草には、日陰でも耐えるシャガ(5月紫の花をつける)が、根付いております。

新緑2

露天風呂 
中からの眺めです。鳥海石と自然樹木の配置が、いい感じに収まっております。
根じめに植えられた、緑の葉のシャガも一役を担っております。

手前に、ランダムに敷いた鉄平石と、玉竜のコントラストもマッチしているようです。

かたくり新緑

女湯の脱衣所から見た風景です。
手前には、レンゲツツジが植えられております。
春には、オレンジ色の花を楽しむことができます。

DSCF0025.jpg

湯船には六方石の石樋いから、豊富なお湯が注ぎます。
右側に短冊形のミカゲ石のベンチです。これも当社オリジナルのものです。

ミカゲ石のベンチに腰を欠け、ゆっくりと心ゆくまでまで温泉を、堪能ください。

DSCF0027.jpg

あわせて、

   「花心亭 しらはま」もご利用ください
スポンサーサイト
12:50 業務店様のお庭 | コメント(0) | トラックバック(0)

小京都  角館  しちべえさんのお庭

2006/04/08
仙北市役所角館庁舎のすぐ近く、御豆腐料理の『しちべえ』さんのお庭です。

しちべえの地図

玄関通路は、鉄平石の乱張りにして、緩やかなスーロープをつけております。
左側の植栽は常緑樹で縁起のよい、ヒイラギ南天が植えられております。

角館 しちべえさんのお店のHPより


しちべえ

小ぶりの鳥海石で石積みを施し、その上をドウダンの生垣をしてあります。
玄関前は、通路幅を取ると余り植栽スペースが取れなかったために植栽樹木を、
線の細いものを使用しております。
樹種としては、トネリコ、コハウチワカエデ、山取りのヤマボウシ、シャラ、
秋にかんざしのような実をつけるツリバナ。
草花、花木としては シラン、萩 アジサイなどで四季を感じることが、
できるようにしてあります


f0005636_8291339.jpg


みちのく 小京都 角館・・・町並みとの調和を大切にしました。


f0005636_8292727.jpg


正面通路を鉄平石の石張りをしてお客様をご案内しております。
左側には若干日が当たらないため、ヒイラギ南天を植え込んであります。
玄関右には水鉢と筧(かけい)をあしらい水音が楽しめます。中央の樹木は線の細いハナミズキです。
オリジナルの数基の足元灯篭が、夜のお庭を演出してくれます。


DSCF0021.jpg


山取りの自然樹形の樹木を使用しております。
現在人気樹種のひとつですが、トネリコ 右手前に植えられているものです。
幹に白い斑点のような模様が浮き出るのが特徴です。
ほとんど株立ちのものを使用しますが、あまり枝を混まないように「透かして」、
樹幹が見える姿が理想的です。
灯篭脇の常緑樹はソヨゴです。当地では常緑樹といえば、松やヒバといった針葉樹が、
代表的ですが寒冷地でも育ち、秋には赤い実をつけるソヨゴも好まれております。


お庭の構成ですが、大きな雪見の古代燈篭をおき、筧から石樋を伝い三段で落ちで、
枯れ池に注ぐ水音を聞くことができます。
枯れ池は鳥海石の雑割り石を使用し、周りには杉苔、野草をあしらい、
荒々しさを表現しております。
バックの竹垣には人工竹(塩ビ)を使用しています。


DSCF0011.jpg

手前の大きない石は、井筒(いづつ)というものです。
庭のなかに、「井戸があるんだよ、むかし井戸があったんだよ」という感じで、
お庭の添景物として利用されております。しかし、これほど大きなものは(約1.8m四方)
かつて当社でも使用したことはありません。

材質は御影石です.

実は、しちべえさんには、すごい「本物の井戸」があるんです。


現在は実際には使用されてはおりませんが、先人の確かな技術で、きれいに玉石で積まれた、
直径約1.5m 深さ約6m位の「本物の井戸」が、この井筒の下にあるんです。
小京都 角館にもいくつか井戸が存在するそうですが、直径の大きさと、その積まれたまれた技術は、
トップに位置しているそうです。

井戸の中を掃除するときは、送風機で空気を送り込んで作業したくらいですので、
とても深いです。


上部に格子状に覆いがしてありますが、中が見えるようにしてあります。
ライトアップもしてありますから、ぜひ、先人の技(わざ)をごらんください。


f0005636_8293988_20100306155059.jpg


余り広くない敷地なかを、通路として利用するとき、このように曲線をつけて、
長い距離を歩いてもらうと広く感じたり、奥行きも深くなったように感じられます。

曲線の曲がり角(ポイント)には、樹木がわざと通路をふさいでいるような雰囲気も効果的です。
樹木の枝が邪魔で通る人がすり抜けて歩くような感覚もいいと思います。


右手にある竹で覆っているのは、どうしても隠せない管理用の電気配線の入った
コンクリートマスを覆ったものです。
こうした工夫も違和感なくお庭に溶け込んでいるようです。



駐車場からはお庭を通り、建物内の御影石の廊下を通り玄関へ向かいます。


おいしい御食事とともに、お庭もゆっくりお楽しみ下さい^^


角館しちべえ
http://www11.ocn.ne.jp/~sichibei/
13:20 業務店様のお庭 | コメント(0) | トラックバック(0)

田沢湖高原温泉郷『ロッジアイリス』

2006/04/08

田沢湖高原 ロッジ アイリスさんの露天風呂を工事しました。

img04.gif

ロッジアイリス 

玉川の自然石で組んだ露天風呂でゆったりくつろげます。

大きな石は3トンもあります。

泉質は乳白色でお肌はスベスベ

周りは ブナ・ブナ・ブナ・・・・・・新緑・紅葉・・・そして冬のブナ

一度は温泉につかりながら、樹木の息吹を感じてみてください。



DSCF0009.jpg

当社の左官工の職人さんです。
竣工祝いに一風呂です。

f0005636_8502821.jpg

新緑のブナの森です。
美女さんたちも気持ちよさそうですね。

onsen01.jpg

木の香ただよう、内風呂です。

onsen02.jpg

ご宿泊以外に日帰り入浴可能(11:00~15:00)ですので、
是非ご家族でご利用ください。

詳しくはホームページで確認してください。

■ロッジアイリス
http://www.lodge-iris.jp/

露天風呂施工は
秋田県横手市大雄 造園のササヤス

13:10 業務店様のお庭 | コメント(0) | トラックバック(0)

田沢湖 花心亭しらはま 様

2005/08/01
花心亭しらはま

11sibata02.jpg

2sirahama01.jpg

3sirahama04.jpg


■花心亭しらはま
http://kasintei.com/index.php
15:07 業務店様のお庭 | コメント(0) | トラックバック(0)

旅館 平利 老舗料亭さんのお庭

2005/06/01
▼春いちばん桜が咲きました 横手市大町 旅館平利
平利
老舗料亭 平利さんのお庭の全景です。
お庭の通路につながる石畳は、かつての前のお店あった当時のものです。
工事中は気づかなかったのですが、こうして離れてみますと、
現在のお店にもつながっておりますね。

桜が満開に咲いておりますが、この桜の種類ををよく尋ねられます。
実は、この桜は切花用にしていたものです、花があまり大きくなく、
色が濃くとてもきれいなものです。
種類はわからないままいましたが譲ってもらった当時は、京都の仁和寺の
「御室桜(おむろざくら)」という名前だと言われ、尋ねられればそう答えておりました。

その後、仁和寺に行く機会があったので、実際に「御室桜」を見ると確かに違うんです。
本などを調べてみると、「江戸彼岸桜」ではないかと思いますが、
たしかなではなく信憑性はありません。
名前はともかく、とてもきれいです。一度、桜の季節にごらんなってください。




▼水音が楽しめます
DSCF0052.jpg

ヒイラギ南天の植え込みの中の筧から、水鉢に落ちる水音を楽しむことができます。
夜の足元を照らすオリジナルの明かり灯呂です。夜のお庭も演出してくれます。

タクシー待ちのお客様も、御影石のベンチに腰を下ろし、ライトアップされた
お庭をご覧になり、ちょっと気分が落ち着いたところで、「もう、一軒」なんていう方
いらしゃるのでは・・・




▼晩秋のお庭です
100_FUJI-DSCF0049_DSCF0049.jpg

右側に少しだけ小山を築き庭石を配し、枯山水の流れを玉砂利で表しております。
樹木はあえて、根曲がりや不整形なものを選んで植え込んであり、
枯れ池のサイドには杉苔・下草をあしらっております。
手前の結界には,4ツ目垣を組んで、風とおしのよいお庭にしております。




▼お店の玄関入り口を「わざ」と見えないように
sibata02_20100223144720.jpg

園路にはミカゲの敷石を敷いてあります。当初はアクセントを付けるために敷石目地に
玉竜を植え込んでいましたが、女性のお客様のハイヒールが隙間に入るということで、
改良してあります。

園路を先に進むと玄関の来客口がありますが、奥行きが感じられるようわざと玄関入り口は、
見えないようにしてあります。
植栽も通路を覆うように植え込み、樹木の下をくぐり抜けるような感じで前に進めます。

ベンチ側に通路曲がると、そば処「吉蔵」さんにむかいます。
お昼にはおいしいおそばを楽しみしてください。夜には「居酒屋」としてもご利用できます。
14:48 業務店様のお庭 | コメント(0) | トラックバック(0)

羽後カントリー倶楽部 戦略性豊かなコースをめざして

2005/05/24
羽後カントリー倶楽部の樹木の植栽工事をさせていただいております。

ゴルファーの友人に、「コース内にあちこちに樹を植える、ササヤスは『ゴルファーの敵』だ。」
「樹はなんにもいらない、みんなぶったぎってしまえ」と怒りの言葉を。
戦略性と、景観を考え、植栽しているのだが、

結論からすると、ようするに「友人よ、樹のないところに打てばいいんだ」
樹を植えたササヤスが悪いのではない。
そんな邪魔になるところへ打つあなたの腕が・・のではないか。

羽後かんとりー倶楽部 ご利用を お願いします。

羽後カントリー


羽後カントリー
http://www.ugocc.com/
16:11 業務店様のお庭 | コメント(0) | トラックバック(0)
 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。