ホーム 会社概要 業務案内 アクセス お問合せ サイトマップ
 Land art Zoen Planning
 
お庭の管理 芝生の管理 お庭ギャラリー お庭の番人たち セミナー開催 お庭番のBLOG お庭の相談
FC2ブログ
07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

スポンサーサイト

--/--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- スポンサー広告

仲間たち、旧池田氏庭園 訪れる     宮城県栗原分会

2014/03/18
昨秋、日本造園組合連合会 東北ブロック会 宮城県栗原市の仲間が,
訪ねてきてくれました。
秋田に行きたいと言われても、どこへやらと考えましたが、
増田町の蔵と、庭仕事が本業の仲間であるため
旧池田氏庭園を案内しました。

東北三大地主として知られる池田氏。
その庭園は明治時代の末期から大正時代に秋田市千秋公園を設計した、
長岡安平によって築かれた池泉廻遊式庭園です。
高さ4m、笠直径4mの国内最大級の雪見灯篭や県内最古の鉄筋コンクリート造の、
白亜の洋館は学術的にも価値が高く、庭園のシンボルとなっています。

▼  宮城県栗原分会のみなさん
   常時一般公開はしておりませんが,
       知人を通じて特別に拝観させていただいております。

CIMG1396.jpg

▼  広大な敷地の中の池泉回遊式庭園です。    
    国内最大級の雪見灯篭を遠方より望みます。
    秋のもみじの季節も素晴らしいですよ。 何度か来ております。

CIMG1394.jpg

▼  当日は雨模様でしたので、しっとりとお庭の雰囲気がいいですね。
    数年前までは結構、泥に埋まっていました池も整備されきれいになっております。

CIMG1397.jpg

▼   熱心にに説明に耳を傾ける栗原分会のみなさん。
    中央で腕をくんでいる方が、何年前からお世話になっている方で 
          北清産業社長 分会長の大場さんです。

CIMG1399.jpg

▼  池越しに望む、県内最古の鉄筋コンクリート造の、 白亜の洋館です。
    学術的にも価値が高く、庭園のシンボルとなっています。

CIMG1403.jpg

▼  中央が当日庭園の説明をしていただいた須田さんです。
   高さ4m、笠直径4mの国内最大級の雪見灯篭の前で、
   池田家の歴史や地域への多大な貢献など様々なお話を 聞かせていただきました。

CIMG1407.jpg

▼  高さ4m、笠直径4mの国内最大級の雪見灯篭 
    周辺の樹木はモミジで秋の紅葉は素晴らしいですよ。
         その時期は一般公開もしております。 一度是非おいでください。

CIMG1408.jpg

▼  池泉回遊式の庭園 
    広大な敷地は亀の甲羅のような形をしているとか。
         往時の生活がが忍ばれますね。

CIMG1409.jpg

▼   県内最古の鉄筋コンクリート造の、 白亜の洋館の2階から望んだ景です。

CIMG1410.jpg

▼  洋館の前で説明を受ける皆さん 。洋館の中も見学できました。
   懇切丁寧にご案内いただきました、須田さん本当にありがとうございました。
   栗原分会のみなさんも大変喜んでおりました。

    当日は一泊二日の日程です。宿泊は私の案内で男鹿の新栄館に宿泊しました。
   夜は、県内の造園連の仲間数名も含めて大懇親会を行っています。

CIMG1412.jpg
05:19 造園工事・ガーデニング | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。