ホーム 会社概要 業務案内 アクセス お問合せ サイトマップ
 Land art Zoen Planning
 
お庭の管理 芝生の管理 お庭ギャラリー お庭の番人たち セミナー開催 お庭番のBLOG お庭の相談
05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

スポンサーサイト

--/--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- スポンサー広告

コニファーと花壇のあるお庭(横手市K様邸) 造園・ガーデニング

2010/03/05
花壇の縁取りを杉丸太の防腐加工したものを使用しました。
ブロックやレンガを使用するより柔らかな曲線が出ています。
バックにある板塀にもマッチしています。
この板塀のように横長に板材を使用すると、材料に無駄がなく作業も効率的です。
花壇の面積はあまり広すぎると大変なので、これくらいでいいと思います。
花壇の土は、有機質の堆肥などをすきこんで土壌改良してあります。
そうした土壌は使いやすく作業もはかどります。

加賀谷

花壇の奥には、テーブルやベンチを置けるスペースに敷石を使用しています。
シンボルツリーにはヤマボウシ、花木としてはハナミズキ、エゴノキ
常緑樹としては、コニファー、アカエゾマツなどを植えております。

かがや2

左の芝生が張られている奥には、家庭菜園があります。
最近、お庭の中に菜園を望む方が多くいらっしゃいます。
ほとんど、硬い盛り土の植えにお家が立てられているため、
そのままの状態で菜園にすることができない状況です。
土の入れ替え(30cm程度)や、既存土壌の改良が必要です。
15:02 造園工事・ガーデニング | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。